活動報告

2022.12.27

人権啓発パネル展 「ハンセン病を正しく理解しましょう」

期間 :1月4日(水)~1月31日(火)

場所 : 高槻市立春日ふれあい文化センター 1階玄関横展示場

『ハンセン病を正しく理解しよう』をテーマに人権啓発パネル展を開催します。

ハンセン病の元患者は、長い間多くの偏見と差別に苦しんできました。これは、ハンセン病について、正しい知識が伝えられなかったことによるものです。ハンセン病や想像を絶する過酷な人生を過ごした元患者の実態が、ようやく正しく伝えられるようになった今、人権が尊重される社会を実現していくために、ハンセン病について、正しい知識と理解を持つことが、根強く残る差別や偏見をなくす第一歩なのです。

WITH(ウイズ)コロナを生きる私たちにとってこうした感染症患者やその家族や関係者への人権侵害の歴史を知り、同じ過ちを二度と繰り返さないようにしなければなりません。
パネル展を通して、より多くの方にハンセン病に対する理解を深めていただけたらと思います。

 

1. ハンセン病とは

2. ハンセン病の歴史

3. ハンセン病と差別

4. ハンセン病に関する主な出来事

5. ハンセン病問題の今

6. 歴史から学ぶハンセン病とは?

7. 医学から見るハンセン病とは?

 

 

※施設の開館中はいつでも展示を見ることができます。ぜひご来館ください。

問合せ先 : 一般社団法人 高槻市人権まちづくり協会

(春日ふれあい文化センター内)   072-671-9604