事業・決算報告

平成27(2015)年度 事業報告及び決算報告

平成27年度事業の概要

本協会は、平成20年に発足し、この間、市民目線での人権啓発事業のより一層の充実を図るため、各中学校区単位会を中心とした「人権草の根活動」の推進を図り市民ニーズにあった講座の開設などによる各種人権啓発事業を進めてきました。

平成27年度における啓発事業では、協会職員による講師派遣だけでなく積極的に外部講師の派遣に取り組み、より幅広いテーマによる講座の開催に努めたほか、公民館はもとより地区単位会や学校、関係施設、地域の様々な団体等との連携を深め、啓発の裾野を広げました。
また、平和展の取組では、27年度が戦後70年、市平和展開催30周年という節目の年として従来の講演会だけではなく、ロビーコンサートや「やなせたかし巡回展」などを企画・開催し、好評を得ました。

人権週間記念事業では、落語家の桂春蝶さんを講師に招いた講演会や、街頭啓発活動を実施したほか、人権啓発作品の募集では計2,060点もの応募もありました。
さらに協会の機関誌である「あくてぃぶ」については、紙面の刷新を図り、より親しみやすい情報誌となるよう努めました。

26年度から始まった富田・春日両ふれあい文化センターの受託事業については、引き続き主にソフト部分の充実に一層取り組みを進めました。
富田ふれあい文化センターでは、人権パネルの作成や貸し出しを積極的に行うなどの取り組みや関係団体との連携、他府県からのフィールドワークの受け入れ、若年層リーダーの育成拠点としてセンターの活用、子育て世代の活動支援をはじめ、子育て連続講座の開催など幅広い事業の展開を図りました。
また、春日ふれあい文化センターでは、従来からの地域の様々な関連組織との連携を深めながら、自主的な事業展開に努めました。相談事業においては新たな試みとして、援助を求める人のところへ出向き働きかけるといったアウトリーチを図り相談拠点としての認知を広げるといった取組みも行っております。

このように、今年度も当協会の目的である市民の自主的な活動を基に、高槻市におけるあらゆる人権問題解決のための啓発活動を行うことにより、会員数も昨年度末に比べて約100名増加し、1,787名になるなどの成果を上げております。今後もこの流れを着実に推進してまいります。

事業報告書・決算報告書

平成26(2014)年度 事業報告及び決算報告

平成25(2014)年度 事業報告及び決算報告