活動報告

2018.02.15

<講演会のご報告>心・愛・命~つながりを奏でる~

実施日:2018年2月14日(水)午前10時~正午
講師:奥野勝利さん(放浪の音楽家)
楽器:電子ピアノ、オカリナ、口笛、声
演奏曲:童謡、歌謡曲、オリジナル曲など
内容:
1.自分の名前の話、どうして・何のために歌うのか。
2.こどもの時代のシンガポールでの生活の話、シンガポールの人々の戦争の記憶
3.唱歌「ふるさと」を歌えない気持ちと故郷への思い~日系アメリカ人の話~
4.沖縄との出会い~恨みではなく「忘れられない」想い~
5.おばあちゃん・おじいちゃんが教えてくれる未来~365歩のマーチ~
6.トイレの便利さのエピソード~新しいものを作ることと古いものを残すこと~
7.東日本大震災後の話~「こんにちは」が人と人をつなぎ、「こんにちは」が救う命~
8.命の大切さを言う人は多いが、それを知っている人は誰か~明日の命があるということ~
9.「足るを知る」
10.たったひとつのあなたでいい。

<参加された方の感想から>
・子育てにイライラせず優しい気持ちになりました。我子と一緒に過ごせる当たり前のことが当たり前にできる幸せを感じました。
・今回のような音楽を聞かせて頂いて子どもがよろこんできいていました。
・最近、差別について考える機会がなかったので、考える時間になりました。子どもたちは差別について知る機会あるのかなとふと思いました。知らずに成長したら確かに困る。自分が気づかないうちにだれかを傷つけるかもしれないから。
・古き良き時代には大切なことがたくさんあったのだと子育てをしていて思うようになりました。世の中、便利にはなりましたが、人とのつながりが希薄になったような気がします。子どもには人とのつながりを大切にしてもらいたいと思いました。
・日本の中でしか生活したことのない者には見えない日本の姿、現実をするどくつきつけられた感じです。まずできること「あいさつ」を大切にしたいですね。楽しいトークと素敵な音楽、充実した時間でした。
・歌詞なしのふるさとの時、涙が出て出て・・・。今までこんな歌を聞いて涙したことなかった。オカリナもすごくよくて、心の中の中まで入って来て本当によかったです。
・本当の豊かさとは何か?を考えさせられました。まさくんの優しいピアノ、歌声が心に染みました。
・くちぶえを久々にきき、良いナァ-と思った。