活動報告

2017.07.06

社員研修を実施

 6月29日木曜日梅雨空の下、姫路平和資料館(姫路市手柄山公園内)にて社員研修を実施しました。

 姫路市平和資料館は「平和都市宣言」「非核平和都市宣言」に基づき、戦争の惨禍と平和の尊さを後世に伝えるため、空襲に視点を置いた資料館です。ジオラマで空襲を再現した体験コーナーや、常設展では市民生活の様子を写真、パネル、模型を見学。全国の空爆による被害が棒グラフ、数字により表され、視覚的に分かりやすく展示されていました。また春季特別企画展では、本協会発行の情報誌あくてぃぶ64号「あちこち訪問」で紹介しました鶉野飛行場姫路海軍航空隊(白鷺隊)の特攻について貴重な資料・写真を見学。国や家族を思い、若くして南の海に散った若者の辞世の句に、胸が熱くなる想いでした。

 その後、すぐ近くにある太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔(太平洋戦争中の空爆その他による犠牲者で、軍人軍属以外の50万9,700余の死没者を供養されている)にて最大の人権侵害といわれる戦争を二度と繰り返さないとの思いと、恒久平和を祈念しました。

 今、私たちが平和な社会の発展のために何ができるかを考えた一日でした。